--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    

2014-08-25(Mon)

高校進学の意思をどうやって確認する?

息子が中学生のころ、高校進学をする気があるのか、
何度となくイラついた事を覚えています。

元々、息子は自分の意思を表現するのが苦手で
こちらから聞いても、余程のことが無い限り、気持ちが見えなかったのです。

どう言った事に興味があるのか
そんな事をまともに聞き出しても話にならないので、息子を見て判断するしかありませんでした。

それでも、読んでいる本や見ているTV番組などから話を広げてみても
それは興味ないとか
無視とか(笑)

で、何度となく
「進学するのか就職するのか、考えなさいよ!」
「うっせー!!(怒)」と
親子ゲンカを繰り返すほかなかった時もありました。

親子で進路を決めるのは限界になり、
児相や他の施設の専門員の方にお願いして、
様々な話をして頂きました。

そんな現実から逃げる事しか思いつかなかった息子は
ある時、施設のトイレに閉じこもって出て来なくなってしまったのです><
立て籠もったって、進路決めるのは逃げられない事なんですがね(笑)

本人にとっては、ワケわかんない状態から予測もできない未来なんて、導き出せるわけない!
という状態だったんでしょうね。

そんな時も、施設のスタッフの方々が何時間も説得して
結局は毎日○時~勉強するなどの計画を立て、
本当に実行するかを見守ってくださるところまで支援してもらいました。

私一人だったら、とてもじゃないけど、そこまで出来なかったかもしれません。

この夏以降、中学3年のお子さんをお持ちの方は
ぜひ、様々な人の手を借りながら進路を決めていって欲しいと思います。

そして、最後の最後まで話し合って、
進学と言う道を選ばなかったときも
これで終わったというわけではなく、
本人が学びたいと感じたタイミングが訪れたとき
それが進学のタイミングなのではないでしょうか。
シニアになってから高校へ通う方、大学へ通う方などもたくさんいらっしゃいます。
どんな学びにも、遅いという事はないと思います。

それに、高校のスタイルも多様化しています。
毎日通うスタイルじゃなくても、
定時制であってもいいじゃないですか。

その時点で最適な進路がきっと待っていると信じて対話を重ねたいですね。

クローバーよかったら、フォローよろしくおねがいしますクローバー
ブログの更新情報、
発達障害関連イベント情報もつぶやいています。
ツイッター アカウント:@adhdchildren

黄色い花今日も1日穏やかな気持ちで過ごせますように黄色い花
           にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 
拙いブログですが、応援して頂けると明日もがんばれます!

クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







スポンサーサイト
    

2014-08-11(Mon)

発達障害児の高校選び

中学3年生の夏休みは、高校見学だったり説明会へ出向くなど
様々な活動が始まる時期ですね。

ウチの息子も、中3の夏はどの高校へ進学すべきか
色々考えていました。
といっても、真剣に考えていたのは私だけで(笑)
本人は、やっぱり、どこ吹く風でしたw

そこで、私が色々調べていくつか候補を探して来たのですが
結構、高校進学と一口で言っても色々ありまして。

・公立普通科
・公立定時制
・公立通信
・公立クリエイティブスクール※
・私立通信
・私立普通科

※クリエイティブスクールは単位制の高校です。神奈川と大阪で設置されているようです。

これだけの進路から選べるわけですが、
息子の特性から、学校という枠組みだけで自由すぎると
本人は何をすればよいのかわからなくなってしまうため、
単位制と通信制は、候補から外すことに。

やはり、息子の場合は
○時までに登校するとか、
○時まで学校にいなければならないなど
そういったある程度の縛りがないと、
その日その日を臨機応変にと言われるとかえって混乱して
結局何もせずに終わる・・・というパターンが目に見えていたのです

また、単位制や通信制はまず本人の強い意志があった上での入学でないと
息子のような発達障害グレーは
とても3年~4年を親だけのサポートで卒業は難しいと支援の方にも言われました。

そこで我が家は公立普通科高校へ絞ることに。

そもそも、このようなグレー児の進学の情報が当時ほとんどなく、
どの高校へ行けば良いのかも、結局は手探りで
高校を見学して回ることになりました。

これから進学先となる高校を探される方には、
ぜひ、お子さんと一緒に学校見学を重ねる事をお勧めします。

色々高校を見学してわかったことは
公立高校でも、その学校のカラーがあり、
説明会の様子や在校生、部活動を指導している顧問の先生からお話を伺う事も出来ます。

公立なら大体どこも同じかな~と思っていた私でしたが、
かなり違う事がわかっただけでも、とても参考になりました。

発達障害を受け入れてくれる高校はあると口コミで聞くのですが、
HPにその旨を記載している高校はほとんど見かけませんし、
何より、その学校へ入学した実績や前例があったとしても
我が子に合うかどうかは、また別の話です。

親ばかりが奔走するのではなく、
お子さんと一緒に散歩がてら、お出かけになるといいと思います。
そこで、お子さんの目で見た学校が気に入ったなら、
興味の持ち方も、違ってくると思います。

息子は結局は受け入れ可能かどうかもわからない、本人の気に入った公立普通科へ受験し、合格しました。
合格後、発達障害の事を伝えて、支援をお願いしました。

なので、最初に支援が得られるかどうかを心配する気持ちもわかるのですが、
まずは本人が興味を持てる学校探しが良いのではないでしょうか。

今の公立高校は色々頑張ってくれています。
全く支援が得られないという事はないと思いますので、
学校の支援だけでなく、他機関も巻き込んで学校生活を支援してもらうのが良いかもしれません。

クローバーよかったら、フォローよろしくおねがいしますクローバー
ブログの更新情報と、ブログで書ききれない、子育て中の親のメンタルや
発達障害関連のイベント情報をつぶやいています。
ツイッター アカウント:@adhdchildren
興味のある方は、ぜひ!フォローお待ちしています♪

黄色い花今日も1日穏やかな気持ちで過ごせますように黄色い花
           にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ 
拙いブログですが、応援して頂けると明日もがんばれます!


クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    

2013-12-27(Fri)

高校受験の勉強方法2

息子が高校受験時に実際に取り組んだ方法をご紹介してます。

今回は、勉強方法ですね。

これは、各教科どの程度のレベルにあるかを事前に把握しなくては
冬休みの2週間は時間が足りなくなってしまいます。

その時の判断に、学校の成績表などはあまりあてにならないです。
塾などに既に通われているのでしたら、そちらのテスト結果を見てあげるといいと思います。
点数ではなくて、「どんな所を間違えているか」です。
うちは、冬休み直前に受けた模試結果があったので、そこからまず優先して復習すべき単元を各教科洗い出しました。
この作業は、親がやってあげたほうが良いと思います。

各教科、進め方は細かく言うとあるのですが
共通のやりかたとしては、
洗い出した単元について
1.参考書の章末問題で解く
2.間違えたところを参考書の内容で確認
3.参考書内の例題を解く
4.理解できなければ理解するまで何度も
5.1で間違えた問題を再度解く(間違えたらまた2に戻る)
6.他の問題集などで類似問題を解く
7.模試レベルの問題を解く


それぞれの段階で問題を解いた後の○つけと解説をします。
間違えたところからなかなか進めなかったら、一緒に問題を解いて、どこで間違えているのかを教えます
こんな感じです。

何度も間違えてると、癇癪を起してどこかへ行ってしまったり
逆切れして怒りはじめたりした時もありました。

そんな時は、一旦休憩を挟んで気分転換に散歩に出たりしました。
どうしても怒りが収まらなかったり、イライラしている様子の時は、
30分ゲーム時間を前倒しすることを条件にあとの残り時間もう少し頑張ろうなどとしてみました。

この方法でなんとか、冬休み前の模試で合否判定「D」だったのを「A」にすることができたのですが
朝9時から夜23時まで、料理と息子のゲーム時間以外はつきっきりになるので、精神的に疲れました。
私だけでの外出もままならず、こちらのストレス解消として、定期的にジョギングをしていました。
息子がゲームしている間は、ジョギングの時間でした^^;
メリットとしては、自分が中学時代に難しいと感じていた問題が、意外とそうでもなかった
ウン十年経って、やっと?苦手を克服できるところでしょうか(笑)

★ブログランキングに参加しています★
ぽちっと応援して頂けると、とーっても励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    

2013-12-26(Thu)

高校受験の勉強方法1

昨日から息子は冬休みです。
今年は社会勉強として、アルバイトに挑戦です。

この冬休みは、高校受験を控えるお子さんを持つ親にとって、落ち着かない時期ですよね。

発達障害のグレーゾーンの息子の場合は、
やる気が見えない、授業態度が悪い、ノートを取らない、提出課題を出さないなどで
内申点がものすごく悪かったです^^;

実際は、
やる気がない=集中できない
授業態度が悪い=興味を持てない科目については授業中いなくなったりしてたのですが、中学後半からは大人しく席について小説などを読んでいたようです。
(それでもやはり印象としては悪いですけどw)
ノートを取らない=ノートを取らないのではなく、取れないのです。
書き方を小学生から指導しましたが、全くです。
ノートを順番に使うという事ができないので、開いたページにメモのように殴り書きにするので、どこに何がかいてあるのか、さっぱり???です。
提出課題を出さない=こちらもノート同様、小学校からずっと出せないのです。
課題自体は取り組むのですが、終わったらポイ。
提出する意味がわからなかったようです。なので、取り組んでは捨てるの繰り返しでした。

ですが、テストの点数は良く、得意な教科では学年で5位以内をキープするなどでしたから
ますます、先生は「テストが出来ればいいというものではない!」と怒られる状態でした。

内申点をあげようとしても、このような状態なので、神奈川の県立高校にかろうじて入れる程度でした。

そして、息子自身も受験するためには常日頃から勉強して準備しなければならないという事が理解できないまま、中3の冬休みになってしまいました。

そこで、冬休みに入った初日に、模擬試験を受験してもらいました。
息子が行きたいといっていた(強く思っていたわけではなく、
家から一番近いからということでw)高校は判定「E」つまり、無理ってことです。
第二志望の高校も判定は「D」
まあ、ここも無理に等しいのですが、内申点さえもう少しましならいいのですが、
内申点がボロボロなので、あとは当日の点数を高くするしかありません。

この結果を見せて、
志望校を決めるか、就職するかを決めなければならないこと、
どちらの道を選んでも、この冬休みは必死でやらなければ達成できない事をしつこく、しつこく(笑)言いました。
そして、息子が選んだのは、第二志望の判定Dの高校に行くという事でした。
そこから、親子で受験勉強を開始!

冬休みのスケジュール
これは、息子とこれならできるというスケジュールにしなくてはならないので、
どういうプランにするか聞いてみたところ、
勉強1時間、ゲーム2時間を交互にすると言い出したw
プランなんて出せてたら勉強してるよって思うのですが、一度聞いてみるのが良いと思います。
それをベースにスケジュールを組んだ方が、子供なりに、自分の考えが受け入れてもらえていると思うようです。
でも、勉強よりゲームが多いって・・・これじゃあ、間に合わない(@_@)
ってことで、学校の先生にもスケジュールについて話をして頂いて
勉強2時間、ゲーム1時間を交互にするということで、何とか納得してもらいました。
それでも、私にとってゲーム1時間が1日何回あるんだよっっって思いましたけどねw

遊ぶ時間も、外出時間も、食事時間も全て見えるようにスケジュール表を作りました
○時になったら○○するというのが目で見てわかるようにです。
そして、冬休み明けの模試で第2志望の高校の判定が合格圏でなければ、
諦めて最下位の高校を受験することを約束させました。

2週間で合否判定Dから判定AにUPした実際の勉強法
息子は学習面では著しい問題はなかったため、特別な方法は取りませんでした。
ですので、発達障害のお子さん以外にも参考にして頂けると思います。
ただ、息子の特性上、塾のようにたくさんの人が集まる場所や、人間関係をこれから作らなければならないような家庭教師などは利用することはできませんでした。

たかが2週間、されど2週間。短いようで、長いです。
これを塾にも家庭教師にも頼らず、親がやるとなると、結構疲れます。
もう1回やってくれ!と言われたら、出来る自信がないかもです(笑)

親としてのポイントは、
親自身が赤ペン先生に徹する事!です。
親として見てしまうと、どうしても、何で!(ムカッ)とかなりますよね(笑)
なので、この子の先生なんだと思って、やるのが一番ストレスが少なくて済むと思います。
思えば、自分が高校受験するときよりもハラハラ・ドキドキしていました^^;

ただ、この方法は進学を希望していないお子さん(就職したいなど)には効果が薄いかもしれません。
親としての気持ちは、もちろんあるかと思うのですが、
まず、始める前に、お子さんが納得するまで進路について話し合ってから実行されるといいかもです。


教材選び
まず、参考書は必須です。(虎の巻的なのではなく、3年分の内容が入っているものとか、高校受験用のもの)
5教科の参考書を買いに行きました。
いつでも、わからない所は参考書に戻って確認できるようにするためです。
うちは、小学校から続けていた通信教育の教材があったので、それをベースに進め、
苦手な分野や数多く解いて慣れることが必要な分野のみ、チョイスして問題集を買い足しました。
英語が万年ビリに近い状態で、一番苦手だったので、英語については1年から復習できるものを併用しました。

次回は実際の勉強方法について書いていきます。

twitterにて、息子との日常生活やらブログの更新などなどをつぶやいています。
@adhdchildren フォロー頂けると嬉しいです☆⌒(*^-°)v



クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    
プロフィール

まーま

Author:まーま
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
 発達障害のグレーゾーンと診断された小学校低学年。
そこから、学校生活、担任の先生とのかかわり、進路決定などなど、様々な課題にぶつかってきました。
そんな息子も今では20歳。
まだまだ、課題はたくさんあるけれど、親がいなくなっても自立した生活が出来るようにしていかなくてはと日々奮闘中です。
 ここでは、今までの経験から子供たちの生活のヒントや子育て中の親は元気じゃないと、やっていけない!ということで、親のメンタルを健やかに保つヒントも書いています。
どうぞよろしくお願いします!

<ブログランキング>
参加しています。
よかったらポチっと応援してくださいね!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
<Twitter>
息子とのリアルな日常&ブログの更新情報をつぶやいてます。
@adhdchildren
フォローお待ちしてます♪

最新記事
子育て・健康カテゴリランキング




よく訪問させて頂いているブログ(順不同)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ

不登校対応の家庭教師
インターネット家庭教師Netty

障がい学生専門就活サイト誕生!

複数の通信制大学
カンタン資料請求


障がいがあっても安心の国内ツアーを探す

ブログ村ランキング
おすすめ情報
未経験から始める在宅ワーク









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。