--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    

2014-03-17(Mon)

ノートに書く事は勉強なのか

発達障害グレーゾーンの息子は、ノートに書くということができません。

それは、17歳の今でも変わりません。

小学生の時、ノートを取らない事で先生に「学習に対してやる気が見られない」という評価を頂きました。
しかし、テストは常に満点でした。
先生は、「テストでいい点取れればいいってものではないでしょう?」と仰いました。

中学になっても、ノートに書く事ができず、ノート提出がほとんどできませんでした。
やはり、「勉強をナメている」といった先生の評価を頂きました。

事前に、ノートに書く事が出来ない事は伝えていたのですが・・・。

ノートに書く事は本当に勉強なんでしょうかね?
黒板を写し、ノートばかりきれいに作ったって、
必ずしも理解につながっているわけではないと、私は思ってしまうんですが。

プリント類については、出されれば解く事は出来ます。
なので、書く事が出来ないわけではないのです。
テストも、時間内にしっかりと解答することが出来ていました。

でも、プリントについては提出に至らず、いつも解き終わったら机の中につっこんであるか、
カバンの中でクチャクチャになっていました。

小学生の低学年では、
ノートへの書き方を何度も教えましたが、
都度、ひらめいた?ページに走り書き程度にしかできず、
結局、いつ、何を、どこに書いたかはさっぱり???のノートになっていて、
意味をなしていない様子でした。

高校での授業では、どうしているのか改めて本人には聞いていませんが、
ノートを買いたいと言ってくることもなく、机を見てもそれらしきものが見当たらないので
やはり、頭の中に記憶しているようです。

さすがに高校では、ノートに書きなさいと言ったやり方ではないので、
提出物がない分は原点になっているかもしれませんけれど、
先生から、「勉強をナメている」と言われるようなことは無くなりました。

学力の一部として、ノートに書くというのがあるのだとすると、
息子はそこが欠落していることになります。

今の小・中学校では、そのような子供たちに配慮はあるのでしょうか。

来月から始まる新学期、息子のような子供たちの好奇心の芽がつみとられる事のないよう、願っています。

ツイッターにてブログ更新や発達障害、その他個人的なツイートもありますが・・・発信してます!
ツイッター:@adhdchildren
興味のある方は、ぜひ!フォローお待ちしていますクローバー

黄色い花今日も1日穏やかな気持ちで過ごせますように黄色い花
           にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 
拙いブログですが、応援して頂けると明日もがんばれます!

クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







スポンサーサイト
    

2014-01-27(Mon)

アスペルガー特性のある子の才能を伸ばす

アスペルガーの特性がある子は、得意と不得意の差が激しいと言います。

ウチの息子も、得意な科目と不得意な科目の差が激しいです。

高校での成績は、国語や化学は10だけど、英語は2。(10段階評価)

高校になって国語が得意になってきたようですが、
どちらかというと、理系の科目が得意なようです。

中学までは、5教科まんべんなくある程度の理解がないと、受験では厳しくなるので
何とかこの差を埋めようと、一生懸命親子で頑張りましたが、
高校からの進路としては、そんなに心配することはないと言われています。

だから、と言う訳ではありませんが、
無理やり苦手な部分を成長させようというよりも、
得意なものをより興味を持って取り組めればいいかなと考えるようになりました。

「好きな事がある」「得意な事がある」ということが、きっと自信につながると思うのです。

アスペルガーの特性としては、興味のあるものに没頭したり、場の雰囲気などの読み取りが弱いことがあるので、
接客や、営業、サービス業よりも、一人で集中して行う作業が向いているとされています。

息子の国語と化学が得意ということが、将来の仕事・進路にどのように結びつけることが出来るか、
特性も加味して、見守って行こうと思います。

まだまだ、アンケートやってます。
左のサイドバーに投票フォームを設置しました。
← ← ← コメントは必須ではないので、ぜひお気軽にどうぞ!

黄色い花今日も1日穏やかな気持ちで過ごせますように黄色い花
           にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 
拙いブログですが、応援して頂けると明日もがんばれます!
クリックするとにほんブログ村へジャンプします。


クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    

2014-01-25(Sat)

発達障害児のケータイ・PC活用

携帯、パソコン、スマートフォン、タブレット・・・私たちの生活の中には、
様々な形のテクノロジーが身近にあります。

今日はそんな身近にあるテクノロジーの活用についてです。

学習面でつまずきがある中でも、
・読む
・書く
・記憶
・集中  といった事が困難な場合、たとえマンツーマンで授業を受けても、
理解するまでに時間がかかってしまったり、
テストなどの限られた時間内では、実力を発揮できない場合が考えられます。

そこで、身近にあるテクノロジー(携帯、パソコンなど)を用いて、そのつまずきを改善する事が出来ます。

読むのが困難な場合は、PCなどの音声読み上げソフトを利用する

書くのが困難な場合は、PCで文字入力する

記憶が困難な場合は、ボイスレコーダーやオンラインカレンダーなどを利用する


このような支援があって初めてつまずきが改善され、
定型発達の子供たちと同じ土俵に上がる事が出来るということなのです。

適切なネットの設定や、機器の取り扱いと学校の協力で、学ぶ機会を失わない活動が徐々に広がっているようです。

でも、まだまだすんなりと学校に導入するのは難しいそうです。

息子も小学校時代からノートに書き写すという事が出来ません。
それは、今でも続いています。

書かせようとすると、ノートを順番に使っていくのが出来ないのと、
何を書いていいのかわからないらしく、書いても2,3行のメモのようになってしまいます。

日付もなければ、順番でもないので、どこに何が書いてあるかもわからなくなってしまうのです><

息子が小学校の時に、今のように様々な機器が選択できたとしたら、
先生にやる気がないからだと叱られたりすることも減らすことができたかもしれません。

ただ、つまずきの内容に合わせて選択する機器やソフトが異なるため、
それに対して保護者も、先生もある程度知っておくとなると、導入にはかなりの負担があるかもしれません。

この身近なツールの活用はまだまだサポート体制なども整っていないようなので、
その子にあった機器やソフトウェアをコーディネートしたり、使い方をサポートするような支援が必要だと強く感じました。

   今回出会った本:発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編

発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 (健康ライブラリーイラスト版)

新品価格
¥1,260から
(2014/1/23 20:52時点)


こちらの本には、機器の選び方やおすすめソフトなどの情報や、
小学校~就職まで、あらゆる段階での導入と、注意点まで記載されています。

実は、この本を監修されている東大先端科学技術研究センターの講師による講演が
来月開催されるので楽しみにしていたところ、偶然この本に出会いました。
ますます、講演が楽しみになってきました^^

発達障害児の「わかる」「できる」を応援する活動がどんどん当たり前に広がるといいなと思っています。

  黄色い花今日も1日穏やかな気持ちで過ごせますように黄色い花
少しでも多くの方に、目に見えない発達障害という障害を知ってもらいたいので
ブログランキングへ参加しています。

みなさんのクリックがこのような発達障害児の存在・現状を知ってもらい、
多くの人が目を向けるきっかけを作る事に繋がります。
           にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 
拙いブログですが、応援して頂けると明日もがんばれます!
クリックするとにほんブログ村へジャンプします。

発達障害児の知育グッズ特集
発達障害児のためのおススメ知育アプリ for Android


クローバー発達障害や療育について、様々な情報がブログで発信されていますクローバー
旗療育・早期療育ブログランキング
旗発達障がい児育児ブログランキング
旗メンタルヘルスブログランキング







    
プロフィール

まーま

Author:まーま
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
 発達障害のグレーゾーンと診断された小学校低学年。
そこから、学校生活、担任の先生とのかかわり、進路決定などなど、様々な課題にぶつかってきました。
そんな息子も今では20歳。
まだまだ、課題はたくさんあるけれど、親がいなくなっても自立した生活が出来るようにしていかなくてはと日々奮闘中です。
 ここでは、今までの経験から子供たちの生活のヒントや子育て中の親は元気じゃないと、やっていけない!ということで、親のメンタルを健やかに保つヒントも書いています。
どうぞよろしくお願いします!

<ブログランキング>
参加しています。
よかったらポチっと応援してくださいね!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
<Twitter>
息子とのリアルな日常&ブログの更新情報をつぶやいてます。
@adhdchildren
フォローお待ちしてます♪

最新記事
子育て・健康カテゴリランキング




よく訪問させて頂いているブログ(順不同)
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ

不登校対応の家庭教師
インターネット家庭教師Netty

障がい学生専門就活サイト誕生!

複数の通信制大学
カンタン資料請求


障がいがあっても安心の国内ツアーを探す

ブログ村ランキング
おすすめ情報
未経験から始める在宅ワーク









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。